ノーベル賞を期待している包茎さん

昔のことですが、高校生の時に同じクラスの友達で包茎の子がいました。
とても仲良くしていたので、毎日夢を2人で語り合っていました。
お互いの悩みを打ち明けたりしたものです。
その彼はとても大きな夢を抱いていて、僕は必ずノーベル賞を取ってみせるとよく言っていた。
あれから20年経ってクラス会があった。
その彼と久しぶりに会って話に花が咲いた。
まだ、ノーベル賞は取れていないようだけれど、何とも素晴らしい生き方をしている彼だった。
きっと彼なら夢を実現してくれそうな気がしてきた。