山中教授のことを思い出したのはスピード印刷で

2012年のノーベル医学生理学賞に、京都大学の中山伸弥教授が選ばれましたね。
あれからiPS細胞(人工多能性幹細胞)話題が広がり、なんだか笑えるような報道と、
臨床応用に向けての研究成果が発表されていますね。
これこそノーベル賞を受賞するに値する内容だ、と常々考えているんですけど、
なぜかスピード印刷のCMをみると思いだすんです。
ノーベル賞受賞のニュースの際に多く見かけたCMだからでしょうか。
もう刷り込まれていて消えないんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です