犬の保険を考えた人とノーベル賞受賞者はスゴイと思う

犬の保険とノーベル賞受賞者を一緒にするというのはおかしな話かもしれませんが、
動物を飼っている身としてはどちらも同じぐらいにすごく感じます。
それを言ってしまえばまず人間の保険の凄さを考える必要があり、
またノーベル賞のすごさを理解するところから始める必要があるわけですが、
庶民としてはもっと直感的にすごいと感じるものに凄みを感じてしまうものです。
ペットの保険自体は誰もが考えるものかもしれませんが、
それを利用することができるところまで持っていく考え方というのがすごいと感じるものであり、
これによって多くの動物たちの命が救われているということを考えると、
画期的な発明をした人たちぐらいすごいものだと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です