ノーベル賞とウェルカムボード

昔から色んな事を考えて作ったり壊したりしていたT君が、
ものすごい事を発見したらしいです。
友達のおもちゃもお構いなしに分解していたけれど、それが役に立ったようでした。
近所の家に植えてある柿の実を黙って頂いたり、
間違った方向に石を投げてガラスを割って逃げたりした悪友だけれど、
今思いだすと懐かしい思い出でいっぱいになります。
今度、立花君が発見した事がもとになってノーベル賞を受賞することにでもなったら、
必ずウェルカムボードを作って君にプレゼントしようと思うので招待してください。

千葉のカーコーティング専門店のある店員はノーベル賞。

普通の事は、ノーベル賞に上がらないのはしょうがないが、
私は声を大にして言いたい。
千葉にあるカーコーティング専門店のある店員の営業日の皆勤賞ぶりに
ノーベル賞を上げるべきである!と。
小学生から毎日前を通るけど一回も休んだ所を見た事がないのですが
凄くないですかこれ!?

京都大学の学生さんがスイーツデコをくれました

私がよく行くバーでは、京都大学の学生さんがバイトしていたり、
お客としてくることが多いんですが、先日京大のノーベル賞受賞者について話をしていたんですよ。
日本人のノーベル賞受賞者は19人。
iPS細胞の山中伸弥教授は京大でしたね。
元京大を合わせると5名だそうです。さすが、記憶力も良いですね。
歴代受賞者のことも丁寧に教えてくれました。
その京大生の男の子が最近作ったと言うスイーツデコのストラップをくれました。
勉強だけでなくこんな細かいものも作れるなんて尊敬しますね。

我が家のノーベル賞は「浴槽の水漏れ修理」

私も含め多くの方が使っていると勝手に思っているのですが、
ノーベル賞がトップニュースになっている時に、
身近な人がいい事をすると「ノーベル賞ものだ!」とか言ってしまいます。
この間も、我が家の浴槽の水漏れを父が自力で直したので「よっ!ノーベル賞!」と言ったら、
「安いノーベル賞だなぁ」と笑われました。
確かに、とは思ったのですが何かに貢献する事が素晴らしいですよね。
本物をとるのは難しいですが、身近なノーベル賞をとっていきたいですね。

山中教授のことを思い出したのはスピード印刷で

2012年のノーベル医学生理学賞に、京都大学の中山伸弥教授が選ばれましたね。
あれからiPS細胞(人工多能性幹細胞)話題が広がり、なんだか笑えるような報道と、
臨床応用に向けての研究成果が発表されていますね。
これこそノーベル賞を受賞するに値する内容だ、と常々考えているんですけど、
なぜかスピード印刷のCMをみると思いだすんです。
ノーベル賞受賞のニュースの際に多く見かけたCMだからでしょうか。
もう刷り込まれていて消えないんですよ。

ベビーシッターさんの実力

友人がどうしても女子会に参加したいと、旦那様にお願いしてベビーシッターを頼んだそうで、
その女子会ではベビーシッターの話になったんです。
彼女はそのベビーシッターさんをいつも指名するそうなんですが、
いつも育児のアドバイスをくれるそうで、「彼女にノーベル賞をあげたいくらい」
素晴らしい先輩だそうです。ちょうど、妊娠中の友人も頼む気満々で、
私も興味があります。良い出会いがあってよかったね~。

ブリッジ防止とか・・・

ノーベル賞ってどういう人がとるんだろうって考えた事ありませんか?
科学者とか技術者なんでしょうけど、ノーベル賞でやっているような
ものってもう次元がすごすぎて、よくわからないじゃないですか?
それでも、身近なスゴイ人から、ノーベル賞のすごさってわかるんです。
先日、友人と飲みにいったときに、今やっている仕事の話をしていたのですが、
なんかブリッジ防止とか紛体を運ぶための機械とか
すごく難しい話の仕事だったのですが、
こんな身近な彼がいや、これはまだ簡単な方って言っていて、
んじゃ、ノーベル賞とかとるような人もっとすごいの?って聞いたら、
そうだね、今話したものの、5倍くらいの時間が必要かなと言われました。
なんとなく、ノーベル賞を取る人のすごさが分かりました。。。

自分の中でのノーベル賞・・・名前シール

ノーベル賞の受賞した業績を見ていると、
いつかは自分の生活になくてはならないものとなるのだろうけども
どうもピンと来ないものが多い。
そこで自分の身近なものでのノーベル賞を紹介しようと思います。
今回紹介するのは、名前シールというもの。
娘が幼稚園に入園するって事で初めてその存在を知りました。
入園準備のために持ち物にいちいち名前を書かなければいけないのですが
この名前シールがあれば、その作業ともおさらば出来ます。
入学や入園を控えたお子様がいるご家庭にはマストアイテムではないでしょうか!?

ノーベル賞を期待している包茎さん

昔のことですが、高校生の時に同じクラスの友達で包茎の子がいました。
とても仲良くしていたので、毎日夢を2人で語り合っていました。
お互いの悩みを打ち明けたりしたものです。
その彼はとても大きな夢を抱いていて、僕は必ずノーベル賞を取ってみせるとよく言っていた。
あれから20年経ってクラス会があった。
その彼と久しぶりに会って話に花が咲いた。
まだ、ノーベル賞は取れていないようだけれど、何とも素晴らしい生き方をしている彼だった。
きっと彼なら夢を実現してくれそうな気がしてきた。

水周り(台所の水漏れや排水管のつまり)の解決にノーベル賞は?

ノーベル賞と言えば権威ある賞であることは間違いないが、
実際には良く分からないという方が多いのではないだろうか?
そこで思ったのだが、もう少し生活に関することで発明したら
ノーベル賞の対象になってもいいのかと思う。(規模は日本だけでも)
主婦の方が苦戦する排水管のつまりや臭いなどを解決するアイデアや商品が出れば、
主婦の方からすれば立派なノーベル賞である。
身近なネタならば一般的にも分かりやすいし、面白いかなと考えてしまいました!

ノーベル賞と水道工事

ノーベル賞をもらい損ねたと、あとで話題になる人は多い。
研究自体は素晴らしいものでも、情勢やタイミングがずれたことで
手からこぼれおちることはあるのだ。
壊れた水道ポンプのように水道工事でなんとかなるものでもない。
日本人学者に限らず、研究者というものは大抵こもりっきりで研究をしているのだから
世の中の動向なんかには疎いはず。
ただ、その世界の情報は科学雑誌などの専門誌で発表されているので
大きく話題に乗り遅れることはないだろう。

看板集めてノーベル賞

珍しい看板を集めている、T・Iさんはちょっと変わっている人です。
一年間に数百万円の費用を看板の収集のために使っているそうです。
ノーベル賞に看板の収集部門(ノーベル看板賞)が出来たらいいのにと思っているそうです。
そしてIさんは、シアトルマリナーズのスズキイチロー選手が大好きなのです。
イチロー選手の夢を見たいので、枕の下に写真を入れて寝ています。
近いうちにアメリカに行って、イチロー選手に会って珍しい看板をプレゼントしたいと
考えています。

ノーベル賞ものの発泡スチロールの容器

うちの旦那さんは、すごい発見があるとよく「ノーベル賞ものだ!」と言う。
ノーベル賞がどういった賞なのかはよく分からないけど、
我が家はおそらく日本で一番「ノーベル賞」という言葉を使う家庭なのではないか?
というくらい旦那さんは感激屋なんです(^^)。
先日もパンを作るときに発酵用に発泡スチロールの箱を使用してしたのですが、
それを発見して叫んでました(笑)。いや、普通だし。
リサイクルできているということが素晴らしいんだみたいなことをいってますが…。
そうかしら?

レンタルオフィスでノーベル賞受賞スピーチをまとめる

現在、過去10年に遡って、ノーベル賞各受賞者のスピーチをまとめる仕事をしています。
この仕事が何になるのかはまだ明かせませんが、結構な分量があり、
もうかれこれ1ヶ月間はつきっきりの状況です。
うちの会社は狭いオフィスで、終日電話が鳴り続け、人の出入りも激しいので、
このような仕事には全く向かない。
仕事が滞ることもあるので上司に相談したらレンタルオフィスを借りてくれることになりました。
仕事のはかどり方が全く違って快適です。

過払い金返還請求ってスゲー!

って友人が言ってました。このシステム教えてくれた人に
ノーベル賞あげたい!だって・・・相変わらず単純だわ・・・
過払い金をアコムで返してもらったらしいんだけど、
過払い金が発生するほど、借金するなよと・・・
何で借金したのか聞いてみると、自分でもよく分からないらしい。
何を買ったでもなく、交遊費でどんどんお金がなくなっていったらしい。
こういう人がいるから消費者金融というものがあるのだと思うが、
借金するなとは言わないが、理由が交遊費とか意味分からない理由での
借金はどうかと思うよと諭してやった。
ちゃんと聞いてくれるかどうか微妙だが・・・

足立区の賃貸でノーベル賞受賞を知る

足立区の賃貸アパートの一室。
こたつに入りながらみかんを食べつつPCを眺める(いつの時代だよみたいな)。
東北でノーベル賞受賞者が出たらしい!
驚いて記事を読んでみると東北の子供たちが「未来新聞」なるものを発行。
その記事のなかに「ノーベル復興賞受賞」というタイトルが。
これは10年後の自分たちや街を実現可能なニュースで色取っていくというプロジェクトのようだ。
ひととおり記事を読んで、子供の想像力と明るさはすごいと思った。
僕もしっかり自分のできることをしようと思う。10年後が楽しみだ。

シール印刷されたノーベル賞

世の中には、いろんな物があふれている。
何に使うかわからない小さい商品から、
最新の技術から生み出されたパソコンなどの精密機械。
絶えず毎日のように新商品が出ては消えていく。
それには、ノーベル賞の発明が生かされた商品も
数多くあるだろう。
そんな中、使い道不明のノーベル賞のステッカーシールが
インターネットで売っていた。
これをシール印刷していいかどうかわからないが、
使い道がもっとわからない。
子どもが頑張ったときにご褒美に貼ってあげるのだろうか。
世の中には、無駄と英知があふれている。

小型カメラとスパイ

世界最高のスパイ、キム・フィルビーのことが気になってしかたがない今日この頃。
本でいくつか読んでみて、フィルビーはケンブリッジ大学で学んだことが分かっている、
ここのトリニティ・カレッジは31人ものノーベル賞受賞者を輩出した超名門だ。
やはり頭脳がとてつもなく良く、しかも冷静な判断力がないとスパイなんてつとまらないはず。
そのフィルビーが愛用した小型カメラがミノックスだ。
自分はきっとスパイにあこがれる小市民だけど、
カメラだけは同じものを使ってみたいと思っている。

ひな人形は通販で。ネタはブログで

12月10日はアルフレッド・ノーベルの命日にあたりノーベル賞週間となるらしい。
……というのはひな人形通販の店長のブログで知った。
この人のブログが面白くて、人形に興味がなかったのについつい訪れるうちに、
人形の良さもわかってきた。
家からも近かったので、何か良いものがあったら直接見て買おうとリアル店舗まで行ってきた。
ちょうど店長がいて「ブログいつも楽しみに拝見しています」って言ったら、
喜んでくれて、面白い話を聞けてよかった。
その日に買ったものは画像にして後日アップします。