仮性包茎手術は泌尿器科や美容整形外科で手術を受けることが出来ます。
包茎手術には包皮を除去するものと除去しないものとがありますが、実際に手術を受ける方にとっては、仮性包茎手術は失敗することはあるのだろうかなど不安もあるのではないでしょうか。
泌尿器科で行う保険適用の手術もありますが、見た目や機能の問題もありますので、やはりきちんとした医療機関で行うべきです。
信頼できるクリニックで行えば、仮性包茎手術は安全に行うことが可能です。
そこで手術に関する基礎知識について学びましょう。
知識を得ることによって包茎手術の悩みも不安も解消することが出来ます。

包皮を除去する包茎手術について

仮性包茎の手術には、包皮を除去する手術と除去しない手術があります。
メスを使い局部を手術するため、失敗はないとはいえません。
また手術実績数の多いクリニックで行った方が失敗のリスクも低くなりますので、信頼できるクリニックを選ばれた方がよいです。
包皮を除去する包茎手術には、環状切開法があります。
仮性包茎の包茎手術の中では失敗があまりない手術ですが、包皮を除去して縫合するため、見栄えが悪いというデメリットがあるでしょう。
失敗のリスクが少なく、後遺症もなく、簡単な包茎手術ですので、危険性もあまりありません。
多少見栄えが悪くても、失敗のリスクがないというのであれば、環状切開法を選択するのも一つの方法です。
亀頭直下埋没法も包皮を除去する包茎手術です。ただ包茎手術の中では難易度が高い手術であるため、ある程度熟練した医師に任せるのが一番かもしれません。
術後の痛みが続いたり、陰茎が慣れるまでに1ヶ月以上の時間がかかるというデメリットもありますが、手術の痕が目立ちませんので、見た目を重視される方にお勧めかもしれません。
仕上がりも包皮の引っ張り感がありませんので、日常生活も問題なく過ごすことが可能です。

包皮を除去しない手術もあります

仮性包茎の手術で包皮を除去しない手術もあります。
包皮の長さを変えずに簡単な治療で行うことが出来るので、手術時間も短く、陰茎も違和感なく行うことが出来ます。
背面切開法の場合、亀頭と包皮を剥がした後、包皮の口から縦に切れ目を入れ、亀頭を露出させた状態で縫合を行う手術です。
この手術の失敗には余った皮がたるんだり、見栄えが悪くなることもありますので注意が必要です。
メリットは短時間で手術が終わることと、亀頭が露出しやすくなるということでしょう。
包皮を除去しない手術にはナチュラルピーリング法という手術があります。
包皮を剥き、露出した状態で縫合する手術ですが、癖をつけて自然に仮性包茎を治していく方法であるため、痛みや手術痕が残らないという失敗を防ぐことが可能です。
ナチュラルピーリング法は包皮が長い人には向かない手術ですので、仮性包茎の方に適した手術だといえるでしょう。
根元部固定法という仮性包茎の手術もあります。包皮の根元部分を医療用の接着剤で固定する方法ですが、接着剤の効果が薄れると包茎が戻ってしまうというデメリットもあります。
自然に包茎を治すことが出来ますので、包皮除去を行わなくてもいいというメリットがあり、軽度の仮性包茎の方に適しているでしょう。

切るか切らないかは専門医に相談

仮性包茎の包茎手術は、軽度であれば切らなくても治療が可能ですので、専門医に相談して決められるとよいかもしれません。
包茎手術が出来る場所には、泌尿器科、専門クリニック、美容整形外科があります。
泌尿器科で行う場合は、保険が適用されるケースもありますので自己負担額も少なく、格安で治療が可能です。
しかし見た目の問題も出てきます。
美容整形外科で行うことも出来ますが、やはりプロフェッショナルな専門クリニックで行うのが一番かもしれません。
専門クリニックがよい理由は、包茎手術の経験が豊富にありますので、失敗のリスクも少ないということです。また沢山の手術実績もありますので、患者が希望する見た目の問題も機能もしっかりと考えてくれ、手術を行ってくれるという点です。
手術痕が残ってしまったり、いざという時に機能がしっかりと働かないと男性としての自信を失ってしまうこともありますし、その後の人生に大きな影響を与えてしまうことにもなりかねません。
また専門クリニックだと、手術方法が充実していますので、その人に合う手術を行ってくれます。
確実に丁寧な包茎手術を望むのであれば、実績数があり、信頼出来るクリニックで行うのが一番でしょう。

まとめ

“仮性包茎手術は泌尿器科や美容整形外科で手術を受けることができますが、専門クリニックで行うのが一番失敗もなく、安全だと言えるでしょう。
泌尿器科でも保険適用で行うことが可能ですが、見た目などの問題が出てくることもありますので、仕上がりや機能性を求めるのであれば、専門クリニックの方がよいです。
手術方法が充実しているため、個人に合わせた手術を行うことが出来ます。
仮性包茎は包皮を除去する方法と除去しない方法があります。
軽度な仮性包茎であれば、切らずに治すことも可能ですので、自分に合う方法を医師と相談して決められると良いです。

参考サイト
包茎手術の有名クリニックを5段階で総合評価【令和最新版】
http://www.comcha.net/